中高年の再就職には無理難題が押し寄せてくる

ハローワークへ行くと中高年の求職者があふれていることに目を疑いたくなります。今までの日本を支えてきてくれた、中高年の方々が毎日のようにリストラされているのでしょう。実際に仕事が無いからあきらめるという人はいないとおもいます。求人件数が少ないなりにも精一杯努力をして採用に向けて準備されていることでしょう。

一流企業に勤めていた経験がある人ほど自分のプライドを捨てたくないのだとおもいます。以前は一部上場企業の管理職という肩書きがあったとしても現実的に今は無職。

これまでのことは胸にしまって一旦リセットしてほうがよいでしょう。再度一流企業で採用されるようにがんばってもかなりの負担になるとおもいます。

一流企業ほどリストラを加速させています。欲しい人材はエンジニアや専門性のある即戦力として活躍できる人材だけなのです。今いった事柄に自らが当てはまるようでしたら希望を捨てることなく一流企業をめざして転職活動を進めていってください。

現実的には中諸零細企業に転職の目を向けたほうがよいでしょう。一流企業で勤めていた経験者を欲しがっている中小企業はいくらでもあります。もちろん正社員として受け入れてくれます。給与や福利厚生などの条件も大切ですが自分を必要としてくれる会社で勤めるのが一番だとおもいます。

また、自信があまり無いという方はハローワークなどが実施している職業訓練に参加してみるのもよいでしょう。今まで経験したことの無い分野にも積極的に入っていくことで仕事に幅を広げていくことができます。そうおもったら今すぐにでも行動を起こしましょう。